1. ホーム
  2.  > サービス:PCライフサポート
  3.  >よくある質問と回答

よくある質問と回答

PCライフサポートサービスに関する よくある質問と回答(FAQ)

WindowsXPを使い続けると、どんなリスクがありますか?

  1. サポート終了後はセキュリティ更新プログラムが提供されません。
  2. OSやソフトウェアの脆弱性に無防備な状態でインターネットやメールを使用すると、ウイルスやマルウェアに感染する危険が非常に高くなります。これらに感染すると、PCが使用不能となって業務停止に陥ったり、顧客情報・機密情報などの重要なデータが漏えいし、大きな問題となる可能性もあります。また、意図せず自社からウィルスが拡散したり、サイバー攻撃の踏み台にされたりすることで、被害者でありながら加害者になってしまう恐れがあります。

  3. ソフトウェアや周辺機器が使えなくなる可能性があります。
  4. ソフトウェアのバージョンが異なると、取引先とのデータのやり取りでファイルが開けない、インターネットでページが閲覧できない、提供されたシステムが動作しないといった問題が発生します。しかし、これらの関連製品についてもサポートが終了されていくため、問題解決の遅れが出てしまいます。また、新しいソフトウェアや周辺機器を購入しても、WindowsXPに対応していないため正常に動作しない、といった新たな問題も起こります。

  • 当社では、PC・OS・ソフトウェアの移行やアップグレードの他、大切なユーザデータの移行、バックアップなどのサービスをご提供しております。

無用なトラブルを回避できれば業務が滞ることもなく、きちんとしたセキュリティ対策は企業イメージのアップにつながりますね。

Windows7へ移行するには、何をしたら良いのでしょうか?

  1. まずPC環境を調べましょう。
  2. 現在お使いのPCスペックが十分であれば、OS・ソフトウェアだけを移行することができますし、不十分であれば新PCの導入が必要となります。また、ソフトウェアや周辺機器についても、OSアップグレードで使えなくなる恐れがあるため調査が必要です。

  3. 互換性を検証しましょう。
  4. OSをアップグレードした場合に、ソフトウェアや周辺機器が動作するのかを検証しなければなりません。また、ソフトウェアのバージョンアップでも、既存ファイルやシステムが正常に動作するのかを検証することも、忘れてはいけません。

  5. 最適な対策を選択しましょう。
  6. 最優先とすべきは「業務停止をさせないための対策」です。しかし、PCのリース期限や予算の関係もあって、どうしても難しい場合には「厳しい条件の中でも最善の対策」をとりましょう。

  • 当社では、PC環境の調査検証や最善策のご提案、さらに移行が難しい場合のOS仮想化、XP延命対策などのサービスをご提供しております。

どれも難しそうだし、費用が嵩みそうだけれど、「必要な部分だけ」をサポートしてもらえるなら安心です。

PCやOS・ソフトウェアを刷新するメリットは何でしょうか?

  1. パフォーマンスの向上で、作業時間が短縮されます。
  2. 性能が向上することで、PCの起動・終了、大量データの処理、USBや外付けHDDの認識など、様々なシーンで素早く軽快に動くパソコンを体感できます。処理完了を待つ間のイライラも解消です。

  3. 節電にも効果があります。
  4. PCの性能が上がり早く処理が終われば消費電力を抑えられるうえ、Windows7の電力管理機能によって1世代前のVistaと比べても30%の節電が見込まれ、さらにプリンタやFAXを省電力型複合機に替えると大幅な節電効果が生まれます。

  • 当社では、データ完全消去や不要PC引き取りなどのサービスをご提供しております。

作業効率アップとコストダウンが同時に実現できるなら、事業にとってPCやOSの移行はチャンスなのですね!

新しいOSやソフトウェアは慣れるまで使いにくいのだけれど…?

  1. ユーザ教育を実施します。
  2. OSやソフトウェアの基本操作をお教えします。教育テキストやちょっと便利なアプリケーションも提供いたしますので、ぜひお使いください。

  3. 問い合わせ窓口を開設します。
  4. 導入後1週間の限定で、PC操作に関するお問い合わせを受け付けます。気軽なヘルプデスク感覚でご利用ください。

  • 当社では、ユーザ教育サービスをご提供しております。

基本操作だけでは不安だけれど、実作業で困った時にも質問を受け付けてくれるなら混乱もなくスムーズに業務を継続できそう。

移行台数が多いのですがどれくらい時間がかかりますか?

クローニング技術(ひな形になる機器を1台設定し複製する手法)を用いて短時間で自動的にセットアップすることが可能です。PCの接続環境や設定内容にもよりますが20台の場合、最短1日で納品可能です。

対応可能な台数は何台ですか?

最小ロットは5台からとなります。クローニングによる展開は台数が増えるほど効果が発揮されますので、移行を予定されているPCは是非まとめてご依頼ください。

今使用しているOfficeもサポート終了になるそうですが、何をしたらよいですか?

PCの移行に合わせて、OfficeのバージョンアップやOffice365へ移行、Office互換ソフトへの乗り換え等、ご相談に応じます。

PCライフサポートに関するお問い合わせ

株式会社
新日本コンピュータサービス
PCライフサービス担当

ページのトップへ