1. ホーム
  2.  > サービス:Access サポート
  3.  > 旧バージョンを使い続けるデメリット

旧バージョンのAccessを使い続けるデメリット

Access2010/2013にアップデートしないと
何が困りますか?

マイクロソフトのサポートが2014年4月8日に終了しました。

  • サポートが終了する事で、アップデートの配信が停止します。
  • 脆弱性が発見されても更新パッチが配信されません。
  • マイクロソフトへ問い合わせてもサポートされません。

現在お使いのバージョンは入手が困難になります。

  • Access 2003を新たに入手する事は困難です。
    最新PCにプリインストールされた状態で手に入れる事は出来ません。
  • ボリュームライセンスを使用し、ダウングレードすれば入手可能ですが手間と時間が掛ります。

ウィルス対策ソフトのサポートが終了します。

  • ご利用中のウィルス対策ソフトによってはサポートが終了するため、旧バージョンのAccessでまだ公表されていない脆弱性をついた攻撃からは守られなくなる可能性があります。

サポート終了後にウィルスが流行する恐れがあります。

  • 2009年にメールソフト「Outlook Express」および「Outlook」のアップデートをかたり、ユーザーに添付ファイルを実行させてマルウェアに感染させようとするスパムメールが流行しました。
    参考リンク:
    http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0910/16/news019.html
バージョンアップして使い続けましょう

困ったときにはご連絡ください
どんな状況でも迅速丁寧にサポートします!

対応方法、概算費用等についてはこちらのページからお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ頂いたご連絡先に資料をお送り致します。

Accessサポートに関するお問い合わせ

株式会社
新日本コンピュータサービス
営業推進グループ

ページのトップへ